夏着物コーディネート

格子を重ねて重ねて

“着物ならではね”と声を掛けられることも多い柄と柄との取り合わせ。中でも一等好きなのは格子同士の組み合わせです。着物と帯とで柄のピッチを変える、トーンを変える、などなどコーディネートのコツはいくつかあるようですが、“余白”もまたコツのひとつ。今回は余白を意識しながら、大好きな格子を重ねて重ねて、夏の装いです。


夏着物コーディネート夏着物コーディネート

着物は細かな格子を大きな縦ラインに配した夏のお召し。黒の無地場があることで、格子の可愛さはそのままに、全体の印象はすっきりシャープです。縦糸に織り込まれた数本のラメ糸が、夏の日差しを受けてキラリと輝くのもこの時季ならではの美しさ。


夏着物コーディネート

控えめな透け感の八寸帯は、単衣から夏物を通して出番の多い1本です。ゆらりと揺れる格子柄も余白たっぷりで、柄が重なる重さを軽減してくれます。ハリのある帯地で結んだ銀座結びは形もしゃきりとシャープです。


下駄

最後に鼻緒にも格子を。細かなピッチの格子は着物や帯の柄を邪魔することなく気楽な雰囲気をプラスしてくれます。桜の皮で仕上げた樺細工の台は歩きやすい船形を選びました。



格子柄の夏コーディネート



【着物】 仕立て:単衣 素材:正絹 お召し 薄物
【帯】  仕立て:名古屋帯  素材:正絹 夏物
【帯揚げ】素材:絹(絽)
【帯締め】三分紐
【帯留】 陶器
【長襦袢】素材:麻ポリ混 
【半衿】 素材:絹(絽ちりめん)



top